So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

バインミーとベトナムコーヒー ホーチミン夏休み家族旅行 11 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

今回は食べ物飲み物の話を中心に。

th_P8120653.jpg
ホー・チ・ミンの中心部を歩き、高層タワーの裾野を目指すとあるお店。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14454.jpg
ガイドブックでも有名なバインミー屋さん(他にも色々売っている) ニューラン。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14455.jpg
月餅のようなものもたくさん売っているお店

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1447f.jpg
お腹空いていない時間帯だったんだけど、買ってみることにした。オーダーするとその場でチャチャっと具をパンに詰めてくれる。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14480.jpg
1つ30,000ドン(150円) 安いねぇ。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14479.jpg
これはドンコイ通りの割と高めの喫茶店で頼んだバインミー。ニューランのもここのも美味しいです。

th_IMG_8061.jpg
非衛生的だが熊太郎と大きさ比較。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14683.jpg
そしてベトナムコーヒー。コンデンスミルクを入れて甘々です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14477.jpg
コーヒー屋さんはドンコイ通りあたりにいくつかあってお値段もちょい高めです。

リーズナブルなお店としては、ベトナムのチェーン店「ハイランズコーヒー」
https://www.highlandscoffee.com.vn/en/main.html
ここにはバインミーも売っています。街を歩いているとよく見かけるポピュラーな店です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14476.jpg
その後、家族でフットマッサージ店へ。50分で1人20万ドン(1,000円)。
家族4人で横に並んでマッサージを受ける感じが面白かった。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_144ba.jpg
ベトナムにフィリピンのソウルフード!? ジョリビーがありました。娘の希望で夕飯は何故かジョリビーとなりました。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

物価とベトナムドン両替ポイント ホーチミン夏休み家族旅行 10 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

早朝散歩から戻った熊太郎。
家族と合流し、今日(3日目)は女性陣が主役の日。ホー・チ・ミン中心地にてお買い物の日である。

今回はホー・チ・ミンの物価と両替の話を。

ベトナムドンの両替については出発前からどうしようか悩んでいた。
まず基本として日本で両替するよりも現地で両替した方がレートが良いということ。
そして両替した後、余ったドンを日本円に戻すのはほとんど絶望的だということだ。絶望的、まぁ交換レートがとても悪いとでも言おうか。
前回他の会社の方々と訪問した際、張り切ってドンに両替した他社の方が、結局大量に余らせてしまい円に両替する機会を逸し、家で塩漬けすることになってしまったという痛い話を聞いているだけに尚更だ。

初日ホー・チ・ミン空港にて3万円分をベトナムドンに両替した訳だが、人形劇やらライフル試射やら現金払いしていたらだいぶ目減りしてきた。

どこで両替したら得かなと調べた結果、ホー・チ・ミンの繁華街にある両替店が良いという情報を得た。

まず、ベトナムドンのおさらいを。
この時のベトナムドンのレートは大体10,000ドンで50円、大体こんなもん。
だから10,000円を両替するとおよそ2,000,000ドン(2百万ドン)になる。

こんなイメージで夏休み前のの平日、会社帰りに東京駅北口にある両替屋さんに寄ってみた。
th_IMG_0505.jpg
丸の内北口にある両替店


レート表示が見当たらなかったのでカウンター越しのスタッフの方に聞かなくちゃと思って順番待とうとしていたら、両替をお願いていたお客さん(お姉さん)の口から「ベトナムドンに両替お願いします」という言葉が聞こえた。

こりゃ盗み聞きするしかないと思い、入り口の方で耳をダンボ(古い言い方だな)にする。
そしたら「百●●ドンになります」との言葉が聞こえた。

熊太郎の頭の中の計算機がはじき出す。「2(百万ドン)行かないのか。。」

結局日本で両替せずに1ドンも持たずベトナムに渡り、ホー・チ・ミンの空港で両替した。
で荷物受け取りを抜けたところの両替店で両替。手元に来たのは208万ドン(1万円)でした。


さて、3日目の午前中に話は戻り、中心部の両替場所の話。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1446f.jpg
中央郵便局

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1446d.jpg
駅舎のような建物。郵便局機能の他、お土産グッズをたくさん扱っている。熊太郎もキーホルダーをいくつか購入。こちらは入り口側。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1446c.jpg
こちらは正面奥側。遠くにホー・チ・ミンさん

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1446b.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1446a.jpg
郵便局の建物内にはマクドナルドが。ベトナム戦争は遠い記憶ですなぁ。というか米国とベトナムの国交回復が1995年だからそれ以前は考えられなかったと思うべきか。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14464.jpg
で、今回。見つけた両替屋さんはドンコイ通りの横の通りにありました。日本語で「お金の交換」と表示れている。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14844.jpg
手数料もなく、パスポートも不要。1万円出せばそれでOK。 
結果はこちらのレシート。(この日の朝の散歩の時に両替していたようだ)
2,184,000ドンでした。空港と10万ドンの違い。その差500円(5%弱)。日本国内推定両替レートと比べれば10%の差です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14847.jpg
10万ドンで何が買えるか。日本に比べ物価が安いベトナム。コンビニで買った物品の値段を見ていこう。
DASANI のペットボトルの水(500ml)。これコカコーラが提供している水です。日本のいろはすそのもの。(下の写真参照)
一本5,000ドン(25円!!) 10万ドンで20本買えます。コカコーラも12,000ドン程度だったような。ビール(350ml)も安かったよ。記憶では16,000ドン程度。
サークルKで買ったもの。コンビニはサークルKの他、セブンイレブン、ファミマがありました。

th_NyYmnmtPS3eDWs6K0sK04Q_thumb_147ce.jpg
これがDASANI

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14845.jpg
これがセブンイレブンで買ったレシート。ポカリスエット買ってるね。14,000ドン。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14855.jpg
その後お土産屋さんに行ってこんなクッキーを大量に買いました。会社用。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

早朝散歩と開高健 ホーチミン夏休み家族旅行 10 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

3日目スタート
朝7時半。相変わらず熊太郎一家は朝寝坊。
ということで早起き老人熊太郎は1人で朝の散歩をすることにした。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1444c.jpg
今日は月曜日。昨日に比べて格段にバイクの数が多い

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1444e.jpg
2日滞在すればバイクの流れを縫って道路を横断するのも問題なし

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1444d.jpg
街中に展示?しているヘリ(多分戦争時の米軍のヤツ)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1444f.jpg
この看板、前回2015年訪問時にもあったが、国際協力機構(JICA)のJV事業。今、ホーチミンでは地下鉄の建設が進んでいる。2020年開業を目指していて清水建設や前田建設の名前が見えます。これで少しは交通事情が改善するのかね。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14450.jpg
どんどん繁華街の方で進んでゆきます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14457.jpg
ホー・チ・ミン人民委員会庁舎を遠くに見る。東京駅前の行幸通りのようですな。

th_P8120614.jpg
サイゴンスカイデッキの横を通る。熊太郎は登ったことないが、高さ260mくらいのタワーです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1445f.jpg
サイゴンスカイデッキが後ろに見えますが、朝散歩の目的地はココ。ホテルマジェスティック。
創業1925年 フランス植民地時代から続く伝統のホテル。数々の有名人が泊まったそうな。
そして日本の作家 開高健がベトナム戦争時代に宿泊したホテル。
彼は戦争時、朝日新聞の特派員として南ベトナム軍に従軍。カメラマンとともに戦地に赴く。
彼が従軍していた大隊200人は北ベトナム軍に包囲され攻撃されてしまう。結果残ったのはたったの17人。その中の2人が開高とカメラマンの秋元である。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14459.jpg
彼の著書「ベトナム戦記」によると彼らは103号室を活動の起点としていた。本の270ページにホテルの部屋の写真が掲載されている。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1445c.jpg
外にホテルのモニュメントがありました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14460.jpg
日本から持参したベトナム戦記の本とホテルマジェスティック

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14462.jpg
そんな事を考えながら撮影していたらあっという間に9時近くになってしまった。ホテルの朝ごはんは9:30まで。
こりゃやばいなと思っていたら、ベトナム人が関西っぽい日本語で話しかけてきた。
「バイクで観光しない?」
「安いよ」
彼はスマホを取り出し、多くの日本人がバイクの後ろに乗って観光している写真を見せてくれた。
熊太郎「何人まで乗せられるの?」
彼「2人かな」
熊太郎「一家でベトナム来ているから4人なんだよね」
彼「ダイジョーブよ。私の家族のバイク呼ぶから」
熊太郎「(家族経営?)危なくないの?」
彼「ダイジョーブよ。私のバイク安全ね」
熊太郎「(ほんとかいな)」
熊太郎「実はこれからホテルに帰らなくちゃいけないんだけど、乗せてくれる?」
彼「いいよー」
という事でひょんな事から初めてベトナムにてバイクの後ろに乗ることになった。
熊太郎、バイクの後ろにまたがる。もちろんヘルメットなんてない。ホント大丈夫かな。
交通法規なんてあってないようなベトナム。彼のバイクは町の混雑を縫うように走り抜けていく。時には歩道も使う。きっとこれで怪我しても保険でないだろうなと思う。

でもなかなかない機会。なかなか楽しい。

そして熊太郎は1つの疑問について彼に訊いてみることにした。
それは先の開高健の「ベトナム戦記」中に記述されている1つの言葉「チョーヨーイ」についてである。

「腹が立った時や、どうしようもない時、しくじった時、こんちきしょうと言いたい時、ああやれやれと嘆息をつきたい時にベトナム人が漏らす言葉。フッと肩で吐息をついて”チョー”と伸ばし”ヨーイ”と口の中でつぶやく感じ、とある。これくらい今のベトナムを代表する言葉はない。全てはこの一語にこもっている。絶望、憎悪、舌うち、呪い、悲痛、全て言葉になりきれぬまま口の中に押し戻される言葉」(ベトナム戦記55ページ)

ベトナム戦争を実体験している開高と秋元カメラマンは、
「チョーヨーイだな」
「チョーヨーイだよ」
「まったくだ」
と会話する。

バイクの彼に、
熊太郎「ねぇ、ベトナム人ってチョーヨーイって言葉使う?
彼「???」
熊太郎「(開高健の記述のように”フッと肩で吐息をついて”チョー”と伸ばし”ヨーイ”と口の中でつぶやく感じ”で)チョー ヨーイ」
彼「あー」
熊太郎「どういう意味なの?」
彼「Oh My Godだよ」
熊太郎「なるほど」

オーマイゴッドね。1つ知りたい事が確認できてスッキリ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14466.jpg
あっという間にホテルに到着。言い値で50,000ドン(250円)で手を打ちました。5万ドンの価値ありますよ。危ないけど。
家族でバイク観光したい時はここに電話してね、と携帯の番号を伝えられお別れしました。
家族でこれで観光しても良いかなとグラっときましたが結局起用しませんでした。
やっぱり安全担保されないとなぁ。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

メコン河口エリアをゆく ホーチミン夏休み家族旅行 9 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

昼メシを食べ再びツアーバスに乗車。
そんなに時間かからずに目的地に到着。

目的地はメコン川河口エリア、メコンデルタと呼ばれるエリアの町「ミトー」である。
ガイドさんによると人口20万人程度の町。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145b2.jpg
バスを降りて船着場に向かう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145b4.jpg
メコン川。いやはやこの水の色。コーヒー牛乳ですよ。
泥の河

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145b7.jpg
船に乗って対岸に見える中洲に向かう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145b5.jpg
これが乗る船です。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145bf.jpg
上流で何があったのかわからんが流木ならぬ流草がたくさん

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145c0.jpg
乗船時間は10分くらいでしょうか。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145c4.jpg
下船後、中洲内を散策します。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145c2.jpg
こちらで採れるローヤルゼリー+キンカンの絞り汁。とても美味い。でも日本の観光地もそうだが、こちらは試飲みたいなもので、これを作ってくれるお姉さんに購入を奨められます。(熊太郎家は買わない)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145c6.jpg
フルーツの試食もありました。そのたヘビを首に巻いたり、キャラメルピーナッツ試食したり、この中洲の産物を堪能(ヘビは違いますが)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145c7.jpg
さて、中洲にある川にたどり着いたら、たくさんの小舟とその前後に座るおばさまたち。これがメコン川lクルーズである。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145cf.jpg
熊太郎家族4人、1つの小舟に乗り、出発。小舟がいっぱいで大渋滞。

th_P8110594.jpg
ワニは出て来ないがリアルジャングルクルーズです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145df.jpg
終着場所にて下船。再び船に乗ってメコン川を横断します。

th_P8111667.jpg
ホー・チ・ミンシティに戻る。夕方だからか慢性的かわからんがたくさんのバイク。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145e1.jpg
夕方の郊外のお肉屋さん。郊外に出ればこんな売り方の光景が見られます。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145e2.jpg
こうして1Dayツアーは終了。行きと同様に各ホテルに寄って下車する。これは歌劇場。

th_P8111674.jpg
このままホテルに戻るとベットでバタンキューになると思い、手軽なベトナムレストラン「WRAP & ROLL」へ。
http://wrap-roll.com/en

ハノイとホー・チ・ミンにいくつもあるベトナムのファミレスみたいなお店。日本のガイドブックにも載っています。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145e6.jpg
多人数向け大皿セットや鍋メニューもありましたが、さらっと食べたかったので、フォーと春巻き系を何品かオーダー。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145e5.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145e4.jpg
4人でなんと2,627円のカード請求でした。安い。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145e3.jpg
食後歩いてホテルへ

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145ea.jpg
こうしてベトナム2日目終了。充実した1日となりました。
写真はホーチミン人民委員会庁舎です。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

象耳魚を食らう ホーチミン夏休み家族旅行 8 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

クチトンネルの見学&体験を終えた熊太郎家一行は、ツアーバスに再び乗り南下、メコン川河口方面に向かう。


クチトンネルから2時間ほど南下し、着いたのは昼食場所。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145a9.jpg
ドライブイン的な施設。

さて今回の1dayツアーの内容は、以下のとおり。
ーーーーーーーーーー
メコン川クルーズ+クチトンネル観光ツアー 二大人気スポットを巡る
1日コース
現地ガイド(日本語可)
名物・象耳魚の昼食
無料WiFi搭載車
ーーーーーーーーーー
「名物 象耳魚の昼食」とはどんなものなのか?実際に見てびっくりという面白さもあるので事前に詳しく調べて来なかった熊太郎。

象耳魚がどんな魚なのか皆目見当付かないし、その前にゾウミミギョと読むのかゾウミミウオと読むのかさえわからん。
ガイドさんに案内され、我々のツアーの席に着く。店内は我々のようなツアー客でいっぱい。時間も13時で7〜8割の客入り状態。

あとは店員さんが流れ作業のように配膳していく。そして象耳魚さん登場です。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1459b.jpg
象の耳のような平たい魚です。wikiで調べるとスズキの仲間らしい(たぶんね)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1459d.jpg
熊太郎と比べるとこんな大きさ

th_TLuqgMU5TGK5ZJMas%%nFw_thumb_145a3.jpg
お料理はこんな感じでした。

で、スタッフのお姉さんがやってきて、直立している象耳魚をポリ手袋した手でむしって、ライスペーパーに器用に巻いて、みんなのお皿に置いてくれる。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145a1.jpg
これがお姉さんの作品。我々素人がやるとこんな姿になりません。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1459e.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145a0.jpg
食べ物代はツアー代に入っているが、飲み物は別。飲み物は。。。観光地価格でした。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145a7.jpg
ちょっとした土産物屋もあります。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_145a5.jpg
あら、天皇陛下も皇太子時代に訪問していたのね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1459a.jpg

ちょっと休憩していよいよメコン川河口に向かいます。




nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

クチトンネル体験 ホーチミン夏休み家族旅行 7 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

熊太郎のイメージするベトナムとは、ズバリそれはベトナム戦争である。
ベトナム戦争終結からかれこれ45年。45年って日本で例えれば昭和20年に太平洋戦争が終わって45年後って1990年だからね。そりゃ遠い記憶になっているはず。さらにこの国の平均年齢だいたい30歳。戦争を知らないベトナム人がたくさんいる現代だもの、ベトナム戦争の戦跡を見たい日本人なんて特異なのかも知れない。
そんなロートル熊太郎であるが、やっぱりイメージはベトナム戦争なのです。
しかし熊太郎が小学校に入る前に終戦になったのでリアルに体験しているわけではない。

熊太郎とベトナム戦争。
小学校の国語の授業かなにかで「ベトナムのダーチャン」というベトナム戦争の悲惨さを描いた本を先生が読んでくれたのが最初のベトナム戦争に関する記憶ではないかと思う。

その後タミヤ1/35スケールのリモコン戦車のプラモを作りまくっていた小学校高学年にパットン戦車やM113兵員輸送車などの米軍兵器の数々を知ったわけです。(でもパットンを購入した記憶ないけど)

一番強烈な印象だったのは「NAM」ってタイトルのベトナム戦争写真集を中学校の図書室で見た時かな。呑気にガンプラやら戦車プラモを作っていた時代、あー戦争ってヤだなと図書室で思ってた。

そんな熊太郎、ベトナムに行ったらベトナム戦跡みたいなところに行ってみたいとかねてから思っていた。出張のついででは行くこともできないしね。

と言うことで家族の希望とか関係なく、熊太郎が勝手に決めたこの訪問でありました。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1454a.jpg
これが施設のエントランス

th_NR6UkvJjSNiJ6g2NQCDQnA_thumb_1454b.jpg
手前に地図があります。見学コースがちゃんと整備されていました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1454e.jpg
道路の下をくぐって敷地内に潜入であります


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14550.jpg
まず案内されたのはこの藁葺き的な屋根の建物。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14556.jpg
中はスクール形式の椅子

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14552.jpg
前方には駄菓子屋店前の10円ゲームのような趣の模型。穴の模型を見ると穴の中は迷路のようになっていて、道を間違えるとトラップ(→死)が待ち受けている。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14553.jpg
ここでいかに南ベトナム解放戦線がすごかったかという映像を見せられる。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1455f.jpg
映像学習終了後、いよいよ探検開始。この穴、トンネルの入り口

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14564.jpg
かなーり小さい

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1455e.jpg
みんな入って記念撮影。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14581.jpg
ちょっと枯葉でも撒いておけば気づかないね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14569.jpg
これは爆撃でできた穴だそうだよ

th_P8111560.jpg
この穴、トンネルの空気穴なんだって。アメリカ軍の軍用犬がわかんないように、米軍兵士からグッズを入手(戦死者から?)し、この辺りに置いて軍用犬がわかんないようにしていたらしい。(味方の匂いでカモフラージュ)

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1456b.jpg
このくぼみ、塹壕の跡

th_P8111532.jpg
罠の展示


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14557.jpg
トラップに引っかかると、串刺しです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14572.jpg
南ベトナム解放戦線の兵士が休憩中。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14573.jpg
履いているサンダル、ベトコンサンダルと言って車のタイヤを加工して作ったもの。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1457b.jpg
M41軽戦車の残骸。軽戦車って言うけど結構大きいね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14578.jpg
76mm砲の砲身にはいくつかの銃撃の跡が。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14583.jpg
お次はライフル実射体験。これは有料で10発60万ドン(3千円)。熊太郎の息子がどうしてもやってみたいと言うことで、父子で5発ずつ撃ってみた。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14585.jpg
下は薬莢だらけです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14584.jpg
結構肩に衝撃来るんだね。的になんか当たるはずもありません。M16ライフル(米軍)とAK47(ソ連のライフル、カラシニコフです)から選べる。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14582.jpg
当時の兵器類も展示されています

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1458d.jpg
そしてメインイベント、ベトコンの掘った200kmにも及ぶトンネルの中へ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1458e.jpg
施設のガイドさんが先導してくれる

th_P8111588.jpg
これがトンネルの中。全高は低く絶対立てない。しゃがんで肩が両サイドの変色しているところに当たるくらいです。奥に行けば行くほど狭くなる。熊太郎家は熊太郎と息子の2名が潜入。女性陣はパスでした。熊太郎父子の平均身長185cm。潜入するにはいささか大きすぎます。

th_IMG_8043.jpg
最後の方はヘトヘトでした。ちなみに潜入距離は希望によって選べます。熊太郎は最短距離を選択(ヘタレです)しかしこのトンネルを手掘りで作ったって言うからすごいね。

th_P8111571.jpg
米軍が落とした不発弾で兵器作るの人形。廃物利用、すごいね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1457f.jpg
これはトラップの中にある仕掛け。針に返しが付いているところが痛々しい。

th_P8111568.jpg
様々トラップの展示、どれも罠にかかったら串刺しだよ。。

th_IMG_8045.jpg
最後はベトコン兵士の主食キャッサバの試食。今を時めくタピオカの原料。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14596.jpg
塩つけると結構イケるけど、毎日これだと飽きるね。

th_P8111594.jpg
キャッサバの全体はこんな感じです。

th_P8111596.jpg
ゲリラ戦を戦い抜いたベトコンの生活が垣間見れた訪問でした。このとき11時過ぎ。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ホー・チ・ミン近郊1Day Trip ホーチミン夏休み家族旅行 6 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

ホー・チ・ミン2日目。

今日は日本にて事前に予約しておいた現地ツアーで郊外へ向かう。
予約したツアーはこちら。
ーーーーーーーーーー
メコン川クルーズ+クチトンネル観光ツアー 二大人気スポットを巡る
1日コース
現地ガイド(日本語可)
名物・象耳魚の昼食
無料WiFi搭載車
ーーーーーーーーーー
VELTRAというサイトで予約。77ドル/人でした。
色々な現地ツアーサイトがあって、同じ​コースでも値段は様々。
日本語ではなく英語ガイドでよければ5,800円(55ドルくらい?)ってのもあるし、プライベートリムジンみたいのだとその3倍くらいのコースもあります。

熊太郎だけなら英語ツアーの安いやつでも良かったんだけど、家族も一緒だしってことで日本語ガイドさん付きのツアーを選択。あとはそのツアー会社の評判を見てポチッとしました。

主要なホテルはバスがピックアップしてくれると書いてあったが、時はお盆、ネットで予約した後、以下のメールが届く。
ーーーーーーーーーーー
大変恐れ入りますがお客様のご参加日は非常に多くのご予約をいただいておりお迎え箇所を制限させていただいております。恐れ入りますが下記ホテルまでご集合のご協力何卒お願い申し上げます。
★☆★☆★☆★☆★☆★
集合時間:7:30-7:50
集合/解散場所:ASIAN HOTEL 1階ロビー
★☆★☆★☆★☆★☆★

ということで朝7時までに朝食を終え、熊太郎一家はアジアンホテルまで1kmほど朝の散歩をしたのでありました。

そんな遠くないんだけどね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1443a.jpg
今日は日曜日なので交通量も少ない。

th_P8111502.jpg
ベトナムによくある看板。1929年7月28日を手掛かりに調べたらベトナム労働総同盟結成90年の看板のようです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1453a.jpg
サイゴン大聖堂は残念ながら修復中。Wikiによると1880年にできたとあります。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14540.jpg
正面は綺麗な姿が見られたよ

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14541.jpg
こちらは中央郵便局

そしてアジアンホテルに到着。
このホテルの中を覗くと結構な日本人の方が朝食をとっていらっしゃる。ツアーがよく使っているホテルなのかな。
今値段をざっくり調べたら、熊太郎一家の宿舎オーラックホテルの2/3の値段で泊まれる。市内中心部重視の旅であれば魅力的ですね。

ここで待っていると日本語を喋るベトナム人が寄ってくる。でも話をしていると違うツアーを捌いている人だった。このホテル前って待ち合わせ場所になっているのね。
ほどなくしてバスが到着。我々が2番目の客だった。この後マジェスティックホテル他いくつかのホテルに立ち寄る。 最終的に6〜7組、15人程度のツアーとなりました。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14544.jpg
バスの中から前方を撮影。


th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14546.jpg
郊外に入るとこんな感じ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14547.jpg
ゴムの木とか農地が続きます。

だいたい8時頃市内から離れ、9時半頃最初の目的地であるクチトンネルに到着


地図見るとクチはだいたいホー・チ・ミンから北西に60kmくらいのところです。

続く
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ホー・チ・ミン 食の風景 ホーチミン夏休み家族旅行 5 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

熊太郎は3回目のホー・チ・ミン訪問故、すでに驚きはないのだが朝散歩すると必ずみられる光景。それは街角でみられる朝食の光景である。

あちこちでみられる椅子とテーブル。チープなプラスチック製のヤツ。
これらは都市部だけでなく、田舎でも同様の光景がみられます。

熊太郎からすれば、こんな排気ガスが充満している屋外で食べるなんてって思う。日本人はあまり外で食べる文化ないもんね。欧州滞在時、夏場のレストランで外は欧米人、中は日本人って感じでしたな。

朝だけでなく、夜も賑わうベトナムの街角食。熊太郎は前回訪問した際、一度だけ同行者数人とプラスチックの椅子とテーブルでビール飲んだことあります。
ベトナムの若者、夜な夜な公園にて彼女やら友達とやらお喋るするの好きだよねぇ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14449.jpg
お写真奥の方に露天調理場があって、それらを食す朝の風景。歩道歩けませんぜ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14495.jpg
男の子と女の子が楽しく朝ごはん。この女子の楽しげな感じがすごい印象的だった。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14496.jpg
こちらは空席のお店。右のケースの中にある白いの、フォーですね。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14497.jpg
バイクに乗ったままオーダー

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14499.jpg
観察していると定番のフォーやバインミーの他、炒め物も見かけます。露天の経営者が外でカセットコンロみたいなのとフライパンで調理しています。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14536.jpg
きっと常連さんがいて、楽しく朝のコミュニケーションをしてるのだろうね。

th_cYjdZYwdRDGz01LARjqVjw_thumb_144b6.jpg
こちらは露天スタイルではなく、常設店舗タイプ。朝7時には営業開始していたよ。日本でいう朝のドトールコーヒーや、朝の駅そば屋的なイメージかしら。

th_LrgUylDETWeEFfuHaMys%Q_thumb_144b7.jpg
こちらはもう少し簡易版の常設売り場。

続く

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

宿泊ホテルの話 ホーチミン夏休み家族旅行 4 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

今回の宿泊ホテルについて

欧州滞在時にいつも利用していたBooking.comで、ささっと検索して予約したのがココ。
Au lac legend hotel

https://www.aulachotel.net/?lang=en

リーズナブルな4つ星ホテル。4人3泊で43,298円でした。1泊14,500円、1人3,600円ですよ。
ファミリースイートって書いてあった部屋を予約したんだけど、行ってみたらただのコネクティングルームでした。。。
オフィシャルホームページやBooking.comに掲載されている写真は、魅せ方MAXであることを忘れてはいけないと反省。

予約したホテルの立地場所も今回の反省点の1つ。

Booking.comの地図と、過去2回の熊太郎のホー・チ・ミン出張経験を元に宿の選定をしたのだが、一言で言えば娘や家内が行きたいようなホー・チ・ミン中心エリアからやや遠かった。



初日夜の人形劇やベトナム戦争証跡博物館あたりは至近なんだけど、中心のショッピングエリアまで1.5km。
熊太郎ひとり旅であれば全然問題ないんだけど、脚力に自信のない娘&家内にとっては面倒な距離でした。

と、まあ失敗したところを挙げましたが、ホテル自体は快適でした。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_144bc.jpg
ホテルロビー

朝食ビュッフェも充実
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14532.jpg
フォー以外にも色々あります。

屋上はバーがあり、またプールもあります。水着持参したけど結局入らず。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14492.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_144c4.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14685.jpg
屋上から見える風景

冷房がかかったアフタヌーンティールームでのケーキやお茶も楽しめます。(宿泊費に含まれている)
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14489.jpg
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ホー・チ・ミン到着! ホーチミン夏休み家族旅行 3 [2019.08 Ho Chi Minh VN]

6時間苦痛と向き合い、ようやくホー・チ・ミン到着。13時に着く予定が既に15時ときたもんだ。(時差は日本より2時間遅い)
しかも入国審査は長蛇の列。その間Booking.com で予約したドライバーさんとSMSでコンタクトしながらひたすら待つ。
入国後預け荷物を受け取り、空港にて2万円だけベトナムドンに両替して、RVタイプのトヨタ車に乗ってホテルへ。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_144fb.jpg
喧騒のホー・チ・ミン空港車寄せエリア

熊太郎(父)以外はベトナム初体験。そして娘がセブ島に行ったことがある位の東南アジアビギナー家族。車に乗るなりバイクの渦とクラクションの音。そんな交通環境に後席3人(父は助手席)は口アングリ(笑)
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14507.jpg
ロンドン、パリ、ローマ、フランクフルトにバルセロナ、過去に家族で訪れた欧州の都市とは明らかに違うこの世界、これがアジアなのじゃ。

まずはホテルにチェックインして、その後ベトナムのSIMカードを各スマホに挿す。
th_%ta49pLsRBiCNhRMcIZ+0g_thumb_147c7.jpg
SIMフリーの、ASUS Zenfone3、iPhone7、 OPPO AX7、ASUS ZenPad Z581 すべて問題なく通信できました。

朝、成田でうどん食べてから、マンゴーのドライフルーツ位しか食べていない熊太郎一家。もう夕方だけど、兎に角腹に何か入れようということで、近くの軽食屋を探す。 自分で作るバインミー(ベトナム式サンドイッチとでも言いましょうか)を皆で食す。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14506.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14505.jpg
だいたいこれで5〜6万ドン(レートは1万ドン≒50円。ということで300円位)です。

この日の夜のお楽しみは、水上人形劇の観劇である。ホテルから歩いて10分ほどの所にあるこの人形劇場。以前、「世界の果てまでイッテQ」で取り上げられていたので知っている人も多いはず。軽食食べる前にチケットを確保しておいた。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_147c8.jpg
当日購入したのに前から3列目と良席。確か25万ドン/大人。1人1,250円です。

通常1日基本2回、17:00と18:30 演っている。(要問い合わせで19:45もあるみたい)熊太郎一家は18:30の回を予約。ちなみに1回の公演50分です。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1450a.jpg
これが劇場。右のひさしの所がチケットカウンター

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1450d.jpg
場内はこんな感じ。

セットの後ろで水に浸かりながら、操り師が人形を操っていること以外知らない状態で観劇開始。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14410.jpg

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14411.jpg
左右に3人ずつ演奏者がいて、セリフ、歌、演奏をこなしている。右のセンターの女子がメインボーカリスト。日本の東北地方の民謡歌手のような歌い方。上手いです。

映像はYoutubeを検索するとたくさん出ているので興味がある方は探してみてください。
th_iPn5XVzgSnaX6ACAcwFAZg_thumb_14415.jpg
全編ベトナム語で翻訳なしだけど、ベトナムの文化や歴史を表現しているんだろうなぁと想像しながら見るだけでも面白かったです。最前列は子供達が多い。水のしぶきがかかって子供らはキャーキャー言ってました。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1451a.jpg
最後に操り師が後ろから現れてご挨拶。

th_P8101471.jpg
そんなこんなで楽しく鑑賞終了

終了後、ディナーへ。適当に調べて出てきたレストランに向かう。
th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1451d.jpg
エレベーターもないビルの最上階にあるお店を探す。NHK「世界は入りにくい居酒屋」に出てきそう。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14528.jpg
店の名はSECRET GARDEN

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14435.jpg
息あがりながら最上階へ。満員で数組待っている。何かの本に載っているに違いない。西洋系な観光客がたくさん。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14436.jpg
こんなベトナム?っぽい装飾も。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1451f.jpg
サイゴンビールで乾杯! 

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_14521.jpg
熊太郎とビールの写真は2013年のシチリア島のモレッティー以来です。

シチリア島旅行記はこちら

知り合いに「腹壊すから氷に気をつけろ」と言われたけど、ビールにも氷入れる文化のベトナムだからね。覚悟して氷入りビールを飲む。(特に何も起きませんでした)

たらふく食べて4人で3,200円。本当に安いね。
th_P8101488.jpg

続く
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -
外貨投資 FXfx

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。